シラチャで起業・コンドミニアム投資

シラチャへの投資 ⇒ https://srirachaworkspace.com

マンゴスチン(Mangkhut)- タイの自然が育む至宝

果物の王様と言われる『ドリアン』。それに対し果物の女王と言われる『マンゴスチン』。タイはドリアン・マンゴスチンともに豊富に収穫できる土地柄なため、(その果物の)季節になればシラチャの屋台でも安く売られ、気軽に買うことができます。

シラチャはフルーツには恵まれた土地柄です。

さて、タイで育つ果物の中でも、マンゴスチン(Mangkhut)は特別な位置を占めています。今回の記事では、タイにおけるマンゴスチンの独特の魅力と、その背後にある物語に迫ります。

 

マンゴスチンとは?

マンゴスチンは、その濃厚な味わいと美しい外観で「果物の女王」とも称されます。紫色の滑らかな外皮と、中に隠れた白いジューシーな果肉が特徴です。タイでは、伝統的に高い評価を受けており、国内外の多くの人々に愛されています。

カルナ食品 マンゴスチン 20個入 冷凍

タイにおける栽培

タイの熱帯気候は、マンゴスチンの栽培に最適な環境を提供します。特に南部の地域では、豊かな土壌と適度な雨量がマンゴスチン栽培を盛んにしています。タイの農家では、世代を超えて栽培のノウハウが受け継がれており、高品質なマンゴスチンが育てられています。

味と用途

マンゴスチンの味は、甘くてわずかに酸味があり、非常に爽やかです。そのまま食べるのが一般的ですが、ジュース、スムージー、さらにはデザートやサラダの材料としても使用されます。また、健康面での効能も注目されており、抗酸化物質が豊富に含まれています。

マンゴスチン乾燥、クリスピー、50 g

マンゴスチンの購入時のポイント

新鮮なマンゴスチンを選ぶ際は、光沢のある紫色の外皮と、弾力性のある果皮がポイントです。傷やへこみが少なく、軽く押してみて柔らかさを感じるものが良いでしょう。

 

タイのマンゴスチンは、その味わい、栄養価、そして美しさで、多くの人々を虜にしています。タイの自然環境と農家の情熱が生み出すこの果物は、シラチャ訪問の際にぜひ味わってほしい一品です。地元市場やスーパーで、この独特な味の旅に出かけてみてはいかがでしょうか。

srirachaworkspace.com

タイでのキットカット旋風: 日本との比較で見るグローバルな魅力

日本のキットカットの種類は豊富にあり、『ご当地キットカット』まであります。筆者はシラチャへ行く際にキットカット抹茶味をお土産に持っていくことが多いです。抹茶味のキットカットは大抵喜ばれます。

ネスレ日本 キットカットミニ オトナの甘さ濃い抹茶 10枚×12袋

さて今回は、タイにおけるキットカットの人気について、その背景と日本での独特な存在感と比較しながら掘り下げてみましょう。

 

タイにおけるキットカットの人気

  1. キットカットの基本 タイでのキットカットは、クリスピーなウエハースと濃厚なチョコレートの組み合わせが、幅広い年齢層から愛されています。手軽に楽しめるスナックとして、またコーヒーやお茶のお供としても人気です。
  2. フレーバーの多様性 タイにおいても、キットカットはさまざまなフレーバーを展開しており、定番のミルクチョコレートから、時には限定フレーバーや季節限定の商品も登場します。これらは、常に新しい味の発見を求める消費者に受け入れられています。

 

日本との比較

  1. 日本におけるキットカットの多様性 日本では、キットカットはそのフレーバーの多様性で特に有名です。抹茶、さくら、和栗など、日本ならではの味が多数展開され、地域限定や季節限定の商品がコレクターアイテムとしても人気を博しています。
  2. 文化的な要素 日本では、キットカットが試験のお守りとしても知られています。その理由は、日本語で「きっと勝つ(きっとかつ)」と響きが似ていることから、受験生へのエールの意味を込めたプレゼントとしても選ばれています。

ご当地キットカット入り キットカットミニ10種類30個 アソート ランダム詰め合わせ

キットカットのグローバルな魅力

  1. タイと日本の類似点 タイでも日本でも、キットカットの基本的な魅力は、そのお手頃な価格と手軽さ、そして多様なフレーバーにあります。どちらの国でも、新しい味や限定商品に対する期待感が消費者を惹きつけています。
  2. 文化的な違いと受容 文化的な背景や消費者の好みは国によって異なりますが、キットカットは各国の特性に合わせた商品展開を行い、グローバルブランドとしての地位を確立しています。

ネスレ キットカット ミニ バラエティパーティーボックス 70枚 ※時期によりセット内容に変更あり

タイでのキットカットの人気は、そのグローバルな魅力と、地元市場の特性を理解した商品展開によって支えられています。日本のように独自の文化的要素を取り入れた商品展開は、各国でキットカットが愛され続ける理由の一つです。今後も、キットカットから目が離せません!

海外航空券+ホテルがお得!<エアトリ>

srirachaworkspace.com

タイティーの魅力:甘くてクリーミーなタイの味

タイを訪れた人々を虜にする魅力的な飲み物があります。それが「タイティー」、タイの象徴的なアイスティーです。この鮮やかなオレンジ色の飲み物は、その甘さとクリーミーな口当たりで、タイの熱い日差しの中で最も求められるリフレッシュメントの一つです。

冷たいタイティーは、シラチャの酷暑にピッタリのドリンクです。

タイティーとは?

「ชานมไทย (Cha Nom Thai)」として知られるこの飲み物は、濃厚な紅茶に砂糖とコンデンスミルクを加えて作られ、時には蒸発ミルクやさまざまなスパイスを混ぜ合わせて独特の風味を加えます。タイティーは、その甘い香りと味わいで、食事のアクセントや、日々の暑さを和らげる喉越しの良いドリンクとして親しまれています。

 

タイティーの色の秘密

その特徴的な色は、タイティーの大きな魅力の一つです。しかし、その色彩は天然ではなく、添加された色素によるものです。この色素は、日本を含む一部の国では食品添加物として認められていないため、タイティーの茶葉をそのままの形で輸入することはできません。これが、タイティーをタイ国外で本物の味わいで楽しむことが難しい理由の一つとなっています。

 

タイティーの楽しみ方

タイティーは、タイの屋台やカフェ、レストランだけでなく、世界中のタイ料理店でも楽しむことができます。海外では、色素を含まない代替品が使用されていることが多く、健康に配慮したバリエーションも増えています。タイティーは単なる飲み物を超え、タイの文化とその歴史の一部を表しています。そのため、タイを訪れた際には、この国の伝統的な味わいを体験する絶好の機会です。

タイティー チャーポン チャトラムエ 400g 袋

タイティーは、一口飲むだけでタイの豊かな風土を感じさせてくれる魔法のような飲み物です。もしタイに旅行する機会があれば、この地の太陽の下で、オリジナルのタイティーをぜひお試しください。その甘く、爽やかな味は、タイの思い出とともに、きっとあなたの心にも残るはずです。

格安航空券 タイ

srirachaworkspace.com

Zen Restaurant: タイで楽しむモダンな日本食体験

シラチャには数多の日本料理店がありますが、タイ発祥の日本料理店の老舗は『Fuji Restaurant 』と『OISHIグループ』、そして『Zen Restaurant』ではないでしょうか?

 

さて、今回はタイの食の風景に革命をもたらした日本食レストラン、Zen Restaurant(เซน เรสโตรองต์)にスポットを当ててみたいと思います。タイでの日本食ブームは新しいものではありませんが、Zenは特に若者たちの心を掴んで放していません。では、何がZenをこれほどまでに特別な存在にしているのでしょうか?

 

シラチャのセントラルデパートに『Zen Restaurant』があります。

 

Zen Restaurantとその魅力

  1. モダンなアプローチ Zen Restaurantは、伝統的な日本食のエッセンスを大切にしつつ、モダンなタッチを加えた料理を提供しています。タイの人々に親しみやすい味わいに仕上げることで、日本食の新たなファンを獲得しています。
  2. 幅広いメニュー 寿司、刺身から始まり、炒め物、揚げ物、麺類まで、あらゆる種類の日本食を取り揃えています。Zenは特にその多様性で知られており、どんな好みの人でも満足のいく選択ができます。
  3. スタイリッシュな空間 Zenのインテリアは、シックで現代的なデザインが特徴です。清潔感があり、スタイリッシュな内装は、特別な夜からカジュアルなランチタイムまで、どんなシーンにもマッチします。

 

Zen Restaurantでの体験

  1. カジュアルながら本格的 Zenでは、気軽に入店できる雰囲気の中で本格的な日本食を楽しむことができます。価格帯も手頃で、日常的に日本食を楽しみたい方に最適です。
  2. インスタ映えするプレゼンテーション 料理のプレゼンテーションにも力を入れており、見た目が美しい料理は、SNSでのシェアにぴったりです。特に若者たちにとって、美味しさと共に「シェアする楽しさ」も提供しています。

お弁当など庶民的な日本料理もあったりします。

タイにおけるZenの位置づけ

  1. 日本食のポピュラー化 Zen Restaurantはタイにおける日本食のポピュラー化に大きく貢献しています。タイの人々だけでなく、日本食が恋しくなった日本人や日本文化に興味がある外国人にも愛されています。
  2. トレンドセッターとして 常に新しいメニューやプロモーションを展開することで、タイの飲食業界においてトレンドセッターの役割を果たしています。

まごころ弁当 [ 糖質制限食 21食 セット ] 冷凍弁当 冷凍食品 冷凍弁当おかずのみ / 冷凍おかず 冷凍 弁当 まごころケア食 / 管理栄養士による献立 レンジで簡単

タイでの日本食体験を探しているなら、Zen Restaurantはマストビジットの場所です。モダンでスタイリッシュ、かつ本格的な料理を提供するこのチェーンは、タイの食文化における日本食の地位を不動のものにしました。シラチャのような日本料理店が密集している場所では、日本人があえてZenへ足を運ぶ人は少ないかもしれませんが、タイで独自に発達した『日本料理』を楽しめるという点でも行く価値あるレストランかと思います。

海外航空券+ホテルがお得!<エアトリ>

srirachaworkspace.com

タイでのエンド・オブ・ア・レガシー: A&Wの撤退

ちょっと変わった味のドリンクルートビアを主力商品のひとつにしている『A&W』。A&Wは現在日本では沖縄県にしか無いようですが、かつてタイではあちこちで見かけるメジャーなファストフード店でした。

しかし、コロナの影響で惜しまれつつタイの市場から撤退しました。

A&Wルートビア24本 + A&Wクリームソーダ24本 【A&W2種355ml×48本セット】

 

>>撤退のニュース(翻訳は一部抜粋)

A&Wルートビア、フライドチキン、ワッフルを市場に導入したリーダーが、タイのレストラン事業を終了

タイでA&Wレストラン事業の権利を持っていたGlobal Consumer PCLは、タイ証券取引所の取締役およびマネージャーに対し、A&Wの事業運営を終了するとの通知を発表しました。報告書の一部によると、2年以上にわたるCOVID-19の状況がレストラン事業に直接的な影響を及ぼしたため、ショッピングモールの閉鎖や消費者行動の変化などの理由から、この決定が下されました。

>>

 

さて今回は、タイで長年親しまれたアメリカのファストフードチェーン、A&Wの撤退についてお話しします。

 

A&Wのタイ市場での足跡

  1. アメリカンファストフードの先駆者 A&Wは、タイでアメリカンスタイルのファストフードを提供する最初のブランドの一つでした。特に、そのシグネチャードリンクであるルートビアルートビアフロートは、タイの多くの消費者に新しい味わいを提供しました。
  2. ブランドの認知度と人気 A&Wは、タイで高いブランド認知度を誇り、多くの店舗で成功を収めていました。しかし、市場の変化や競争の激化に直面し、次第にその地位を失っていきました。

撤退の理由と背景

  1. 市場環境の変化 タイのファストフード市場は、新しい競合の出現や消費者の嗜好の変化により、非常に競争が激しくなっています。A&Wは、これらの変化に対応するのに苦労しました。
  2. 経営戦略の挑戦 A&Wは経営戦略の面で課題を抱えていました。他のファストフードチェーンとの差別化を図ることが難しく、市場での独自の地位を確立することができなかったようです。
  3. 2年以上にわたるCOVID-19の影響 長引くコロナがレストラン事業に直接的な影響を及ぼしたため、ショッピングモールの閉鎖や消費者行動の変化などの理由から、撤退の決定が下されたようです。

A&W ルートビア 355ml 【6缶】

A&Wのタイ市場からの撤退は、グローバルなブランドが地域市場の特性や変化に適応することの難しさを浮き彫りにしています。しかし、A&Wは多くのタイ人にとって忘れられない思い出として残ります。タイのファストフード市場は進化を続けており、今後も新しいトレンドや挑戦が期待されます。

海外航空券+ホテルがお得!<エアトリ>

srirachaworkspace.com

シラチャで味わう日本の味—焼き芋の魅力と人気

シラチャのドン・キホーテ(タイ名:ドンドンドンキ)に並ぶ、ほっくりとした甘さが自慢の「焼き芋」。このシンプルながら心温まるスナックは、タイで急速に人気を博しています。今回の記事では、タイでの日本式の焼き芋の人気に迫り、その理由を探ります。

Jパークのドンドンドンキで販売されていた『焼き芋』。

【日本式の焼き芋とは】 日本の焼き芋は、サツマイモをじっくりと熱で焼き上げることで、天然の甘さと香ばしさを引き出す伝統的な食べ物です。日本国内では秋から冬にかけての風物詩として親しまれていますが、その味わいはタイの人々にも愛されているのです。

 

【タイでの人気の秘密】 タイでの焼き芋人気の背後には、日本文化への昨今の人気にありそうです。アニメやドラマ、J-POPなど、日本のポップカルチャーの影響を受けた若者を中心に、日本の食べ物への関心が高まっています。また、健康志向の高い食品としても注目されており、自然な甘さと栄養価の高さで、タイの消費者の心をつかんでいます。

 

【シラチャでの焼き芋】 日本人が多く住むシラチャでは、焼き芋が手軽に楽しめることが人気の一因です。ドン・キホーテのような日本の小売店では、本格的な日本式の焼き芋を気軽に購入できるため、日本食へのアクセスがより身近なものとなっています。

スミフル 焼き芋 さつまいも (冷凍焼き芋) 国産 茨城 紅はるか 合計500g(500g×1袋) 無着色 柔らかい 甘い しっとり スイーツ クリーミー 蜜 ギフト 和菓子 お取り寄せ グルメ 冷凍 焼きいも やきいも サツマイモ

【日本式焼き芋の楽しみ方】 タイの人々は、焼き芋をスナックとしてだけでなく、デザートや料理の材料としても楽しんでいます。シラチャでは、焼き芋をそのまま食べるだけでなく、スイートポテトパイや焼き芋アイスクリームなど、創造的なアレンジが加えられたメニューも登場しています。

タイでの日本式の焼き芋人気は、日本の美味しさを求めるとともに、健康的なライフスタイルを望むタイの人々の要望を反映しています。シラチャで見つけた焼き芋は、日本とタイの文化が融合する美味しい証です。

冷凍 焼き芋さつまいも サツマイモ 国産 長野県産 茨城県産 (1kg, 紅はるか)

 

次にシラチャを訪れたら、この心温まる日本の味をぜひご堪能あれ。

 

srirachaworkspace.com

Au Bon Pain: タイで味わうパリ風カフェの魅力

バンコクでよく見かけるお洒落なカフェAu Bon Pain』。シラチャにはサミティベート病院にあるものの、ショッピングモールや街角など気軽に入れる大型店はありません(かつてはロビンソンデパートに店舗を構えていたらしいですが)。

シラチャのショッピングモールに開店して欲しいです。

 

さて、本日はタイの街角でパリジャンの朝食を思わせる洗練されたカフェ体験を提供しているAu Bon Pain(โอ บอง แปง)に焦点を当ててみましょう。このアメリカ発のベーカリーカフェチェーンは、タイで健康志向の朝食やランチオプションを求める人々の間で愛されています。

バスコ ベーグル プレーン レギュラーサイズ 6個【冷凍】

手作り工房きくぱん ベーグルお試し7個セット

Au Bon Painのコンセプト

  1. ヘルシーなオプション Au Bon Painは、新鮮な材料を使ったヘルシーなサンドウィッチ、サラダ、スープを提供することで知られています。カロリーカウントが表示されたメニューは、健康を意識する食生活を送る人々には特に嬉しい限りです。
  2. 心地よい雰囲気 タイのAu Bon Pain店舗は、忙しい都会の喧騒から一息つける居心地の良い空間を提供しています。クロワッサンの焼ける香りが漂う店内は、フレンドリーなスタッフが迎えてくれるリラックスしたカフェの雰囲気です。

 

Au Bon Painのメニューとサービス

  1. 豊富なベーカリー Au Bon Painのショーケースには、パン、ペストリー、マフィン、バゲット、タルトなどの豊富な品揃えがあります。ここでしか味わえない特別なレシピや季節限定のアイテムもお楽しみの一つです。
  2. カスタマイズ可能な食事 サンドウィッチやサラダは、自分好みにカスタマイズできるため、自分だけのお気に入りを見つけることができます。また、コーヒーは注文を受けてから一杯ずつ丁寧に淹れられるので、いつでも新鮮な味わいが楽しめます。

ベーグルがとても美味しいです。

プレーンベーグル【国産小麦・天然酵母使用(12個入:冷凍配送)】アフィダメントベーグル

 

Au Bon Painとタイのカフェカルチャー

  1. タイのライフスタイルに合わせたメニュー Au Bon Painはタイの味覚やライフスタイルに合わせて、地元の食材を取り入れたり、タイ料理をアレンジしたメニューを提供することがあります。
  2. コミュニティの一部として 多くのAu Bon Pain店舗が、コミュニティの集まりやビジネスミーティングの場として活用されています。Wi-Fiが完備されているので、勉強や仕事にも最適です。

Au Bon Painは、タイでのカフェ体験に新たな風を吹き込む存在です。ヘルシーで美味しい食事、洗練された空間、温かいホスピタリティが融合しており、訪れるすべての人々にパリのカフェのような体験を提供しています。

また、タイのAu Bon Painでは地元の方々に愛されるタイティーレモングラスティーなど、ローカルフレーバーを取り入れたドリンクも楽しめます。これは、国際的なブランドが地元の文化に敬意を表し、そのエッセンスを取り入れている素晴らしい例です。

 

Au Bon Painは、シンプルな朝食からカジュアルなランチ、午後の休憩時間まで、一日中様々なシーンに対応するカフェとして、タイでの日々を豊かに彩ってくれます。タイでの次のカフェ訪問が楽しみになること請け合いです。シラチャのショッピングモールやロードサイドに店舗ができることを期待しています。

海外航空券+ホテルがお得!<エアトリ>

srirachaworkspace.com