シラチャ進出・不動産投資

シラチャへの投資 ⇒ https://srirachaworkspace.com

バンコク銀行:タイの経済の柱としてのその役割

シラチャのロビンソンデパートのすぐ横にある大きな銀行の『バンコク銀行』。シラチャの中心地に大きく構えているので、その存在感からシラチャ在住の日本人でバンコク銀行の口座を持っている人は多いのではないでしょうか? ちなみに筆者はバンコク銀行の口座を持っていません(たまたま他行の口座を開設しただけで、バンコク銀行の口座を開設しない深い理由はありません)。

シラチャの中心地にドンと構える『バンコク銀行

 

さて、アジアの新興経済国として、タイはその急速な成長と多様性を持つ市場で注目を集めています。そして、タイの経済の中心に立つのが、バンコク銀行Bangkok Bank)です。本記事では、このバンコク銀行に焦点を当て、その歴史、サービス、そして地域社会への影響について詳しく解説します。

 

バンコク銀行の歴史

バンコク銀行は、1944年に設立され、タイで最も古い商業銀行の一つとして知られています。初めは小さな銀行としてスタートしましたが、その後、タイの経済成長とともに急速に規模を拡大。今日では、国内外に数多くの支店を持つ大手銀行として、多くの企業や個人のビジネスをサポートしています。

 

提供するサービス

バンコク銀行は、一般的な預金サービスやローン、外貨取引などの基本的な銀行業務を提供していますが、その範囲はそれだけにとどまりません。国際ビジネスのサポートや、デジタルバンキング、資産管理などの多岐にわたるサービスを行っており、タイの経済成長をバックアップしています。

 

デジタル革命との取り組み

近年、銀行業界全体がデジタル化の波にさらされていますが、バンコク銀行も例外ではありません。デジタルバンキングの導入や、モバイルアプリを用いたサービスの拡充を進めており、特に若い世代の顧客からの評価が高いです。

 

地域社会への貢献

バンコク銀行は、経済的な側面だけでなく、社会貢献活動にも力を入れています。環境保護活動や、教育、文化支援など、様々な分野での取り組みを行っており、タイの地域社会の発展をサポートしています。

 

今後の展望

ASEAN経済共同体(AEC)の一員として、タイは今後も経済の拡大が期待されています。バンコク銀行も、この成長をサポートするための様々な取り組みを進めています。特に、地域内のクロスボーダービジネスのサポートや、デジタル技術の更なる導入など、新しいチャレンジに積極的に取り組んでいます。

 

タイの経済発展の中心として、バンコク銀行はその役割を果たしてきました。歴史、サービス、そして社会貢献活動を通じて、タイの未来を築いていくビジョンを持っています。今後も、このバンコク銀行の動向から、タイの経済の方向性を読み解くことができるでしょう。

 

追伸:現在、外国人がタイの銀行口座開設するためには、タイの長期滞在ビザを保持していないと難しいようです。タイのコンドミニアム購入など口座開設する理由がしっかりしている人については、現時点では口座開設は一応可能のようですが、その際には不動産仲介業者やビザ取得専門の業者等に事前に確認してください。

住宅ローン・住宅購入に特化したFP無料相談

 

srirachaworkspace.com