シラチャで起業・コンドミニアム投資

シラチャへの投資 ⇒ https://srirachaworkspace.com

オフィスの未来を切り開く - タイのOfficeMateの革新と拡大への道

タイでオフィス用品や文具を購入する際に、店舗を探して回ると『Office mate』という店舗が目に付くことかと思います。今回のブログでは日用品からオフィス用品まで幅広い商品を取り扱っている『オフィスメイト』を取り上げてみます。

筆者はOffice mateをとても重宝しています。

OfficeMate Plc (以下OFM)はタイのオフィス用品のディストリビューターで、オムニチャネルモデルと電子商取引を駆使してOfficeMate.co.th、Central.co.th、Robinson.co.thのウェブサイトを管理しています。

OFMは2010年にマーケットフォーオルタナティブインベストメントに上場し、Central Retail Corporation(CRC)が大きな株式を取得した後、2013年1月にタイ証券取引所(SET)に参加しました。

 

OFMはB2B(ビジネストゥビジネス)のオペレーションを展開し、小売店、カタログ、コールセンター、オンラインを含むオムニチャネルモデルを通じて仕事用の道具を提供しています。また、「edutainment」ビジネスのB2Sでは、教育とエンターテインメントを組み合わせた本や文房具を販売しています​​​​。

 

OfficeMateは、Central Groupからのシナジー効果として、購入力の増大、キャッシュフローの増加、瞬時のブランド認知といった利点を享受しています。Central Groupには、オンラインで使用できる400万ユーザーのアクティブデータベースを持つOne Cardがあり、これを使用してポイントをオンラインで引き換えたり、割引に使用することができます。

OFMは、在庫管理においてゼロから始め、高価な物流ソフトウェアを購入せず、プロセス、ソフトウェア、そして人を最重要視し、顧客のニーズにちょうど良いレベルで在庫を管理することを目指しています​​。

Office mateは日用品もたくさん売っています。

OFMは、ASEAN経済共同体の巨大な機会を活かして、今後数年でマレーシア、ベトナムインドネシアに拡大する明確なビジネスプランを持っています。5年後にはASEANの5〜6カ国で合計200〜300の店舗を運営し、年間100億バーツ以上のオンライン売上を目指しています。タイにおけるオフィス用品市場の15%を占めるOfficeMateは、今後10年で売上を500億バーツに増やす可能性があり、オンラインチャネルがその総売上の10〜15%を占めることを目指しています​

 

OfficeMateは、タイのオフィス用品市場において、進化し続ける重要なプレイヤーです。タイ国内では現在15%の市場シェアを持っていますが、オンラインのオフィス用品販売が発展国では市場の50%を占めることを考えると、まだ拡大の大きな余地があることがわかります。オンラインショッピング市場はタイではまだ初期段階にありますが、Central Groupは年間約2000億バーツを売り上げており、将来的には5000億バーツに達する可能性があります。

OFMは、この総売上の10〜15%をオンラインチャネルで占めることを目標にしています。これらの目標に向けて、OFMは人材育成や技術力向上に投資し、グローバルな市場で競争できるよう体制を整えています​。今後も注目したい企業ですね。

 

srirachaworkspace.com