シラチャ進出・不動産投資

シラチャへの投資 ⇒ https://srirachaworkspace.com

タイの不思議なフルーツ「ฝรั่ง(Farang)」- グアバと白人の意味の共有

タイ人が「ฝรั่ง(Farang)」と言うと、多くの人がまず思い浮かべるのは「外国人、特に白人」を意味する言葉です。しかし、この言葉は同時にグアバというフルーツをも指します。今回の記事では、この言葉の面白い使い方と、グアバの特徴やタイでの人気、食べる際の注意点について探ってみましょう。

フルーツの『ファラン』は、一説には白人を指す『ファラン』と同じ言葉だそうです。

なぜ「ฝรั่ง」はグアバと白人の両方を意味する?

「ฝรั่ง」はもともとアラビア語由来の言葉で、「外国人」を指す言葉としてタイに取り入れられました。時間が経つにつれ、「ฝรั่ง」は特に白人外国人を指す言葉として使われるようになりました。一方で、グアバはタイに導入された際に、その外来性を表すために「ฝรั่ง」と呼ばれるようになったと言われています。そのため、タイ語で「ฝรั่ง」と言うと、文脈によってはグアバを指す場合もあるのです。

 

タイでのグアバの人気

グアバはタイの市場や屋台で一年中見られるフルーツで、新鮮なおやつ代わりとして人気があります。シャキシャキとした食感と甘酸っぱい味わいが特徴で、タイではしばしば塩や唐辛子、砂糖のミックスと一緒に食べられます。栄養価が高く、特にビタミンCが豊富に含まれているため、健康的な選択としても注目されています。

 

日本人が食べる際の注意点

  1. 新鮮さの確認: 選ぶ際は、皮が緑色でしっかりしており、柔らかすぎないものを選びましょう。
  2. 食べ方: 皮を剥いて中の肉を食べます。種も食べられますが、硬いので注意が必要です。
  3. タイ式の楽しみ方: タイでの伝統的な食べ方を試してみるのも良いでしょう。塩や唐辛子のミックスを付けて食べると、異なる味わいが楽しめます。

不動産投資の相談会に参加する

 

「ฝรั่ง(Farang)」という言葉がグアバと白人外国人の両方を意味するのは、タイの言語文化の面白い側面を示しています。グアバはその栄養価と独特の味わいで、タイの食文化の一部を形成しています。シラチャに訪れた際には、この珍しいフルーツを試してみてはいかがでしょうか。

srirachaworkspace.com