シラチャ進出・不動産投資

シラチャへの投資 ⇒ https://srirachaworkspace.com

タイの心を映す甘いデリカシー「サンカヤーファクトーン」

タイ語の聞き流し勉強にも使えます。 本を聴くAmazonのサービス

 

筆者がタイのお菓子の中で、推しは何か?と問われればタイ風かぼちゃプリンともいうべき『サンカヤーファクトーン』と答えます。シラチャの市場(タラート)の屋台でも売られている、気軽に購入できるタイの伝統的なデザートです。

さて、タイの伝統的なお菓子の中でも野菜を主体とした点で目を引く「サンカヤーファクトーン(Sangkaya Fugtong)」。今回の記事では、この甘くて心温まるお菓子の魅力と、日本人に特にお勧めする理由についてご紹介します。

サンカヤーファクトーンは、かぼちゃの甘味を引き出した伝統的なデザートです。

 

そもそも、タイでの「カボチャ(ฟักทอง/ファクトーン)」とは、どのようなものなのか?を先ずは考察します。

  1. デザートとしての利用:
    • タイではカボチャをデザートとして多く利用します。代表的なものは表題の「サンカヤーファクトーン(สังขยาฟักทอง)」ではありますが、他にもココナッツミルクで甘く煮た「ブアローイ・ファクトーン」などがあります。これらは、クリーミーで甘い風味がカボチャとよく合います。

       2.タイ料理に使われるカボチャ:

    • カボチャは、スープ、炒め物、カレーなど様々な料理で使われます。特に「ゲーンファクトーン(แกงฟักทอง)」と呼ばれるカボチャカレーは、ココナッツミルクと共に煮込まれ、まろやかな味わいが特徴です。

       3.栄養価:

    • タイのカボチャはビタミンA、ビタミンC、食物繊維などが豊富で、特に抗酸化作用が高いとされています。健康維持や美肌に役立つため、多くの人々が日常の食事に取り入れています。

       4.カボチャの葉:

    • タイでは、カボチャの葉も食用として使われます。若い葉や茎を「パックプワン(ผักปวัง)」として炒め物やスープに入れたり、さっと茹でてナムプリック(タイの辛味噌)と一緒に食べたりします。

       5.ハロウィンのカボチャ文化:

    • タイでもハロウィンが徐々に普及し、10月頃にはカボチャを使った飾り付けや食品が店頭に並びます。ただし、日本や欧米ほどハロウィンが盛んではないため、カボチャをくり抜いたジャックオーランタンは珍しいです。

        6.カボチャ祭り:

    • タイの一部地域では、収穫期にカボチャ祭りが開かれることがあります。地元の農産物を販売する屋台やカボチャの飾り付けが行われ、農家や観光客を惹きつけています。

タイでのカボチャの利用は多岐にわたり、料理やデザートの一部として、日常的に楽しめる食材のようです。

さて、以下はタイのカボチャの絶品デザート・「サンカヤーファクトーン」についてです。

 

サンカヤーファクトーンとは?

「サンカヤーファクトーン」とは、カボチャを使ったタイのカスタードプリンのことです。もち米やココナッツミルクを組み合わせたクリーミーなカスタードが特徴で、しっとりとしていて甘さ控えめです。独特の味わいと食感が、タイ人に長年愛されています。

 

タイでの人気

「サンカヤーファクトーン」、このお菓子は祭りや特別なイベントでよく見かけます。また、市場や屋台でも簡単に手に入れることができ、老若男女問わず人気があります。その独特な味わいは、タイの食文化を象徴するものの一つと言えるでしょう。

 

Kindle (16GB)   海外へ大量の本を持っていく手間が省けます。

 

「サンカヤーファクトーン」を日本人にお勧めする理由

  1. 独特の味わい: 甘さ控えめでありながら、ココナッツミルクの風味豊かな甘さがあります。
  2. 健康的な選択: カボチャを使っているため、ビタミンや繊維が豊富です。
  3. 食文化の体験: タイの伝統的な食文化を味わう絶好の機会です。

不動産投資の相談会に参加する

 

お勧めの食べ方

  • そのまま食べる: 温かいか冷たいか、どちらでも美味しくいただけます。
  • コーヒーと一緒に: 甘さ控えめのため、コーヒーと非常によく合います。
  • デザートとして: 食後のデザートとしても最適です。

 

「サンカヤーファクトーン」は、タイの伝統的な味わいを存分に楽しめるお菓子です。日本人にとっては、新しい味の発見として、またタイの文化をより深く知る機会としても魅力的です。タイを訪れた際には、ぜひこの特別なお菓子をお試しください。

srirachaworkspace.com